葛の花はダイエット以外にも効果があるのか?

ダイエットに効果のある葛の花ですが、ダイエット以外には効果がないのかな?

 

そう思い、ダイエット以外の効果をできるだけ調べてみました!

 

葛の花由来イソフラボンのダイエット効果を知りたい方はこちらからどうぞノ

 

参考ページ

葛の花由来イソフラボンが脂肪を落とす

 

二日酔い防止効果

 

アルコールが強いか弱いかの違いはアルコールを分解する酵素にあります。

 

アルコールを飲んだ時に頭痛がしたり気持ちが悪くなったりするのは体内に入ったアルコールが分解されて変化した「アセトアルデヒド」という物質が原因です。

 

日本人はお酒に弱い人が多く、このアセトアルデヒドを分解する酵素を持たない人が半分ほどいます。

 

葛の花にはアセトアルデヒドの上昇を抑制して、二日酔いや悪酔いを抑える働きがあります。

 

アルコールを分解しているのは腎臓、肝臓です。これらの臓器が悪くなると健康はもちろん美容にも支障をきたしてしまいます。
肝臓は小腸から送られてきた栄養を血中に送り出したり、胆汁を作ったりします。またアルコールやニコチンなどの毒素をデトックスするなど多くの機能を持っています。

 

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、トラブルが起きても気づきにくく、一度悪くなってしまうとなかなか治りにくいといわれています。悪くならないための日ごろの健康管理が重要になります。体の老廃物の排泄を促してくれる葛の花の効果はアンチエイジングにも効果的です。

 

葛の花に含まれている成分はほかにもあります。体の脂質が酸化するのを防ぎ、代謝を活発にすると言われているサポニンです。血管に付着した脂質を取り除き血中コレステロールを下げる効果も期待されている栄養素です。サポニンによって血流が改善するので動脈硬化や血栓症の予防にも効果的と言われています。

 

サポニンは、私たちが良く知っている植物では大豆や高麗にんじんに含まれています。

 

サポニンの効果については多くの臨床試験が実施され、その効果は実証済みです。

 

葛の花に含まれているサポニンで抗酸化作用&血中コレステロールを低下させる作用

 

葛の花にはサポニンと言う物質が含まれています。

 

このサポニンには身体にいい作用が沢山あります。

 

まず、身体の脂質の酸化を防ぐ「抗酸化作用」があります。人間の身体は少しずつ酸化していっています。酸化すると皮膚の弾力やみずみずしさが失われてきて老化が進んでしまいます。

 

なので抗酸化作用があると言うことは、美容効果が高いということです。身体をいつまでも若々しく保ってくれます。

 

また血管に付着してしまった脂質を取り除いてくれて、血中コレステロールを下げてくれる効果もあります。

 

サポニンにより体中の血流が改善するので動脈硬化や血栓症の予防にもなります。血液がサラサラになって身体のめぐりも良くなります。

葛の花サプリベスト3

page top